日記(その他のブログ) | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
2007年を振り返って
当社の年末年始休業日は

平成19年12月30日〜平成20年1月4日

となっております。よろしくお願い致します。



さて、今年もあとわずか。

今年の最初に掲げた目標に「頑張る」とありました。

「あ〜、今年は本当に頑張った!」

そう言える1年だったか?

いやいや、まだ頑張れたはず!

仕事の方はおかげさまで順調だったのではないかと思います。

しかし、自分の仕事内容や集中力、そして売り上げをみても全然物足りない。

廻りの方々に支えられた1年だったのではないでしょうか。

もっともっと成長しなくては!!



お世話になった方々、お仕事をご依頼下さった方々、本当に有難う御座いました。

それでは、よいお年を!!



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
エンジニアリング開発の名刺
名刺を2種類持ってます。

設計事務所のプラスディー設計室 代表取締役室長



不動産会社のエンジニアリング開発 専務取締役

の2つの肩書きがありますもので。両方とも同じ机でやってるんですがね(笑)

プラスディー設計室の名刺は何度か作り直していますが、エンジニアリング開発の名刺は2年以上前に作ったもののままでした。
何せ、URLとかE-mailアドレスも昔のままでしたから。今年の初めには新しい名刺をつくろうと決めてました。

しかし!

作り直さなきゃぁ、作り直さなきゃぁと思いつつ、全然やらず(笑)

あ、もうすぐ今年も終る。

こりゃいかん。

自分に鞭を打ち、ようやく先日新しくデザインして作り直しました。
といってもそんなに時間をかける暇も無かったので、力作とまではいかないですが。勢いですねぇ、こういうのは。※勢いというより追い込まれただけ?

まあこれで、今年中には作り直すという目標を辛くもクリア。本当に辛くもですが・・・。相変わらず自分のことは追い込まれないとやらないですな・・・。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
年賀状


いよいよ今年もあとわずか。

ようやく年賀状デザインが終りました。

年賀状づくりは意外に時間がかかりますね。

しかも今年はエンジニアリング開発とプラスディー設計室で違うデザインにしてしまった・・・。何て効率の悪いことを・・・(笑)


あと、今年は初めて宛名職人なるものを購入しました。¥2,600。安いものだ。

なにせ今まで汚い手書きでしたから。

さすがにですね、仕事の関係者が増えてくると全部手書きは面倒くさい難しい。パソコンで管理しておけば、普段の仕事でもいちいち名刺を引っ張り出さなくて良いし。

住所録を打ち込み。

あとは選んで印刷。

初期設定のままでちゃんと郵便番号欄内にも綺麗に印刷。
※注 1回目は天地逆さまにセットして失敗するお約束あり。

おお、なんて簡単便利。

知ってました?

ああ、知ってますか・・・。

確かに最近は手書きの年賀はがきは減ってきてますものねぇ。
FOMA N905iμ
※買ったのは白です。

FOMA N905iμ

買ってしまいました。

薄くてなかなかスタイリッシュで気に入っています。

カギと一緒にポケットに入れているのですぐに傷だらけになるでしょうが(笑)


自分にとって2年ぶりの新機種ですが、その進化には驚きました。

特にフルプラウザとGPS機能は凄いですね。

東京にて大活躍。

特に行き当たりばったりで調べ物をする場合はすこぶる便利。

ショールームを調べたり、場所をナビで案内してもらったり。

お店の営業時間とかを調べるのにも、普通にパソコンでインターネットをしている感覚でできます。

使い放題でハイスピード、携帯もここまできたかという感じです。

こんなに薄いのに。

あとは容量制限やFlash機能などが普通に利用できるようになれば完璧?

本格的に携帯フルプラウザに対応したホームページにしないとなぁ。



ちなみにカメラはいまいち。

ここ数年はカメラの性能にこだわって携帯を買っていたのですが、結局はそんなに撮ることはないと判明。常にバッグにデジカメが入っているのでそちらで撮りますからね。そのため今回の携帯はカメラ機能は軽視しました。あと車社会鹿屋ではワンセグを使用する場面はほとんど無いのでワンセグも不要。

ただ、その持ち歩いているデジカメも流石に古さを感じるように。
ちなみにNikon COOLPIX5400です。レンズはいいんだけど画質がいまいち。
ああ、新しいデジカメ欲しい。

RICOH GR DIGITALもいいのですが、一番欲しいのはRICOH Caplio GX100。建築写真を撮るので広角ズームと手振れ補正は欲しいのです。

でもまだ高いんだなぁ。凄く安くなるか、後継機が出たら買おうかな?
東京
帰ってきました。もちろん仕事が山積みで待機中!本日より年末まで地獄の残業生活開始です。

さて、東京に行った時にはせっかくなのでショールームやショップ、展覧会などに行くようにしています。
今回はバタバタしていたのであまりじっくり廻れなかったですが、最終日に半日で意地のように廻りました。展覧会は残念ながら行けませんでしたが。


照明メーカーのショールーム

ヤマギワリビナ本館

遠藤照明青山ショールーム


デザイナーズ家具のお店

カッシーナ・イクスシー青山本店

hhstyle青山店

AIDEC東京


半日でよく廻った(笑)
IDEEとかも行く予定だったけど時間オーバー。

東京のインテリアショップは展示品の豊富さも凄いですが、空間や展示方法もうまくデザインされているので勉強になります。小さいお洒落なお店も非常に多い。その他、様々な展覧会や優れた建築も多く、設計やデザインをする人にとって東京という都市は非常に恵まれていたのだと、鹿屋に帰ってきて実感しています。特にデザインセンスというものは体験しないとなかなか身に着かないものですから。


さて、2月の末に鹿屋にてちょっとイベントを考えています。雑貨やインテリアなど住まいのスタイルに関するマーケットイベントです。また正式に発表しますのでお楽しみに・・・。

お知らせ
12月11日まで出張のためプラスディー設計室は休業します。

なお、エンジニアリング開発は通常通り営業しております。

よろしくお願いいたします。
SONY α700発売


さあ、いよいよ発売。

SONY α700

楽天市場の最安値はこちら。



私が使っているα100発売から、1年以上。ようやく第二弾のSONYデジタル一眼レフカメラです。α100の上級機種という位置づけです。

α700はボディ内蔵の手ぶれ補正機構をもつデジタル一眼レフカメラとしては世界で最も優れたカメラとなるのは間違い無いと思います。

こちらにも書きましたが、建築の室内写真を撮るには手ぶれ補正機能が必須なんです。別にSONYが好きというわけではありません(コニカミノルタのαレンズが使えるという利点は大きいですが)。CANONのようにレンズに手ぶれ補正が付いててもいいのですが、そうなるとレンズの選択肢も少なくなるし、レンズ自体が重い!というわけで、必然的にSONYかPENTAXという選択肢しか無くなっちゃうんですよ。
※PanasonicやOLYMPUSはフォーサーズ・システムという少し小さいイメージセンサーを採用しているので広角に弱く竣工写真にはあまり向かない。

というわけで、入門機ではちょっと、というような人にとってようやく登場した上位機種のカメラなんです。
※SONY α700>PENTAX K10D>SONY α100>PENTAX K100Dという順番かな?

でも共感してくれる人少ない(涙)

ああ、欲しいなぁ。

でも、高いなぁ。

というわけで安くなるまで様子見!



さて、
ちょっと話しは変わります。
デジタルカメラに関連して、海外旅行に行ったときに感じたことを。

観光地には欧米の方にしろ、アジアの方にしろデジタル一眼レフカメラを持っている方が非常に多いです。

そのメーカーを見てみると、ほとんどが、CANON(キャノン)もしくはNikon(ニコン)。ごく稀にPENTAX(ペンタックス)。※自分と同じSONYα100を持っている人には会えなかったなぁ・・・。

一方、コンパクトのデジタルカメラであれば、FUJIFILM、SONY、Panasonicがほとんど。

これって凄いと思いません?何が凄いか?

そう、全部日本のメーカーなんです!

日本国内でけではなく、世界的にもデジタルカメラ=日本製なんですよ。


ちなみにデジタルカメラの主要メーカーは以下の通りです。

CANON(キャノン)
Nikon(ニコン)
FUJIFILM(富士フイルム)
SONY(ソニー)
Panasonic(パナソニック)
OLYMPUS(オリンパス)
RICOH(リコー)
CASIO(カシオ)

ご覧の通り、すべて日本のメーカー!
海外メーカーといえばKODAK(コダック)やSAMSUNG(サムスン)くらいしか思いつきません。
世界中で売られているデジタルカメラのほぼ全てが日本製なのです。特にデジタル一眼レフカメラは日本の独壇場!

意外と気付かなかった日本の企業力を実感しました。

α700も世界中で売れるといいんですが。
「中心付近の最大風速」と「最大瞬間風速」
台風どんどん強くなっていますね。
速度も遅くてこの先どうなるか予断を許さない状況です。このまま西の方へ抜けてくれればいいんですが。


ところで、最近台風情報を見ていて思ったことが。

今年からですかね、「最大瞬間風速」を表記するようになったのは?

なんか、そのせいか放送局によっても表記の仕方が全然違うんですよね。「中心付近の最大風速」と「最大瞬間風速」の両方を表記している局はいいと思うんです。去年までのように「中心付近の最大風速」だけを表記しているのもまあいいと思うんです。

でもね、「最大瞬間風速」だけを表記するのはどうかと思うんですよ。

TBS系列の台風情報なんてそうですね。
例えば今現在、台風11号の表記は「最大瞬間風速 70m」とだけ表記されています。

TBSホームページより。最大瞬間風速しか表記なし。


ちなみに他のほとんどの報道局は今までどおり「中心付近の最大風速 50m」という表記をしていますが、TBS系列はこの表記を省いているようです。

バイオウェザーより。去年と同じく最大風速だけの表記。

これね、絶対勘違いする人いると思うんですけど。最大瞬間風速だけ記載すると過剰に反応しちゃいますよ。たぶん独自の考えでこのような報道方法にしたと思うんですけど、もしこれが、より大げさな報道をしたいがための魂胆だったら重大な問題じゃないでしょうか?さすがにそのような考えではないとは信じたいですが。

TBSのヤラセ問題とか正直どうでもいいやぐらいに思ってましたけど、こういう防災情報で勘違いするような報道の仕方をするのは納得いきません。風速70mと聞いて大慌てして、やらなくてもいい家の補強をしようとして落下事故を引き起こしたりしないことを祈ります。

だいたいの人は大丈夫だと思うんですけどね、少なからず勘違する人はいるはず。ちょっと憤りを感じて生意気なコラムを書いてみました。
エコってなんだろう?


実は、当社(エンジニアリング開発)はチームマイナス6%に参加しています。だから、このロゴも堂々と使うことができます。
証拠はこちら※どこかにあります・・・。

本当はホームページとか名刺とかに入れとくと会社のイメージは良くなるんですけどね。そんなアピールするほどの環境対策はしていないと思うので恥ずかしくて入れられません。


ところで・・・

もうすぐ、鹿児島にイオンができます。
イオン鹿児島ショッピングセンター

南日本新聞の記事

環境対策をアピールしています。

「エコストア」だそうです。

その環境対策を聞いて思わず笑ってしまいました。

「いやいや、イオンそのものが環境に悪いでしょ!」

はっきりいって、こんな郊外型の大型施設が出来ることそのものが環境に悪い!
利用客のほとんどが自家用車によって来ます。この巨大なショッピングセンターに恐ろしいほどの数の車が集まるわけです。渋滞も起きます。まあ、それによる環境破壊は説明するまでも無いと思います。

また、イオンができると商店街が壊滅的な被害を受けます。それは全国的に社会問題となっています。結果として、スクラップアンドビルドを促進させる悪影響を与えます。イオン自体の広大な敷地も田畑や住宅地などを壊して建築されたもの。


確かに、企業全体で環境対策に取り組む姿勢は大変立派ですし、もちろん、評価できることだと思いますよ!

ただね、それをあたかも「当社はエコ企業だ!」というのは違うと思うんです。

「こんなに環境を破壊するような建物をつくってゴメンナサイ。その分、微力ながら環境対策に取り組まして頂きます。」

ぐらいの、謙虚さが欲しいんですよ!!そんなこと言う企業は無いでしょうけど・・・。

私も別にイオンが嫌いなわけじゃないし、出来れば行っちゃうと思うんですけどね(笑)。ただ、出来なければ出来ないでいいと思うんです。やっぱりこんな大型店舗は行政の方で規制をかけるべきですよ。便利だけれども、それ以上に地域や周囲に与える影響は計り知れないと思うんですよ。

なんかニュース記事を見て、「エコストア」っていうのにちょっと腹がたったのでコラムにしてみました。。。


さて、仕切りなおし・・・。



私は建築産業で生きています。

建築産業が環境に与える影響の大きさは十分に承知しています。

だからこそ、無駄な建物をつくっちゃいけないと思うんです。

スクラップアンドビルドはやめるべきなんです。

建物は極力リフォーム、コンバージョン、リノベーションなどによって再生させるべきです。

新築の建物より、遥かに「力」を持った建築に生まれ変わることも可能です。


そんなことを実際に考えて、実際にやれている企業こそが本当に「エコ」を考えている企業だと思うんです。

企業イメージをアップさせるためだけの「エコ」なんて。


今は当社は「エコ」を考えている企業です、なんて恥ずかしくて言えません。

でも、10年後ぐらいに、ひっそりとでも「エコ」を考えてますよ!と言いたいんです。



でも、エコってなんだろう?
携帯付きカメラ
CASIO W53CA

常々思ってることがあります。それは、携帯付きカメラが出ないかということです。カメラ付き携帯ではありません。携帯が付いている「カメラ」です。いつか、そんな機種が出るはずとコンパクトデジカメは買ってきませんでした。けれども、3年ぐらい待ったけどなかなか進歩しないですねぇ・・・。

しかし!

それに近い携帯がようやく登場したんですね、その名も「EXILIMケータイ

んんん、かなり自分の理想に近づいている気がします。広角28mmだし。auか〜。docomoなら即買いしてるな・・・。

やっぱり気になるのはそのカメラの性能。
いろいろ調べてみると他の携帯に比べるとカメラ性能は優れているらしい。ただ、まあやっぱり「カメラ付き携帯」ですね。カメラ機能は所詮は携帯の域を脱してないようです。ちょっと残念。まあだけど大きな進歩かな?



携帯付きカメラ熱望!


レンズを大きく!

処理速度を早く!


はっきり言ってレンズさえ良ければ200万画素あれば十分。ワンセグ不要。ミュージック機能不要。ナビ機能不要(あ、ナビは出来れば欲しい・・・)。


EXILIMケータイに刺激を受けて他のメーカーでも出して欲しい。SHARPがいい線いってたんですけどねぇ、ワンセグを重視に路線変更しちゃいましたし。他にもデジカメを出している携帯メーカーはたくさんある!頑張れ日本メーカー!今後に期待!

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.