住まい・建築・デザインに関するコラム
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
切妻のフラットハウス 断熱工事

切妻のフラットハウスは順調に工事が進んでいます。

この住宅は省エネ基準を満たす住宅にしており、住宅版エコポイントにも対応しています。


床:ボード状グラスウール32K 80mm厚


壁:グラスウール16K 100mm厚


天井:高性能グラスウール16K 155mm厚

窓ガラスはLow-Eガラスを採用しています。

エコポイント対象住宅では断熱性能が高すぎるために、結露がしやすくなる弊害もあります。特に壁の防湿層の施工がいい加減だと壁内結露の恐れがあります。また、どうしても断熱性能の弱いサッシ部分に結露がし易くなるので、樹脂サッシやLow-Eガラスの採用が望まれます。


ちなみに、30万円分の住宅版エコポイントをもらえる住宅にするためには、当社のいつもの基準よりもさらに高断熱仕様にしなければなりません。一般的には30万円以上の費用がかかります(笑)個人的には鹿児島ではもっと基準が緩くてもいいのにと思ってしまうのですが・・・。

当社としては過剰に高気密高断熱にするよりも、太陽と風のコントロールや暮らし方の方が重要だと思っています。数値上では、省エネ基準を満たす住宅にすれば冷暖房費が大きく削減できることになっているのですが、現実には当社の住宅においてはそれほどの差は出ないはずです。
エコポイントなど国の新しい方針にはなるべく従っていこうと考えてはいますが、住宅の本質を忘れず、見てくれの数値に惑わされない設計をしていきたいですね。


※追記
トップランナー基準でエコキュートを使用すれば、いつもの当社基準の断熱材でもエコポイントもらえるかもです。現在確認中。
切妻のフラットハウス 進捗状況
切妻のフラットハウスは順調に工事が進んでいます。
心配していた梅雨入りも遅れたお陰で、建物外部の下地工事はほぼ終了しました。




上棟式
 

屋根瓦施工
切妻のフラットハウス 建て方

切妻のフラットハウス 建て方工事。

晴天に恵まれました。
しばらく天気も良さそうで一安心です。
リノベシンポ鹿児島

6月5日にマルヤガーデンズで行われるリノベーションシンポジウムにパネリストとして参加します。


詳しくはこちら


何気なしに受けたのですが、他のパネリストメンバーを知ってアタフタしています(汗)
本当にもう凄い人ばかり・・・・、そこに自分の名前が連なっているのが不思議でしょうがない・・・・。
まあ、こういう方々と一緒に議論が出来ることを良い機会だと思い頑張ります。


全体テーマとしては「まちとひととリノベーション」
そのなかの第3部「リノベーションの地域展開」に参加します。

リノベーションが鹿児島ではなかなか進んでいないなかで、必要なのは仕組みづくり。
自分としては不動産と設計事務所を兼業している立場で話しができればと思っています。




それよりも、上棟式と日程が重なりそうで頭が痛いなぁ・・・・。
かんくペットクリニック 1年点検


かんくペットクリニックの1年点検。

綺麗に使って頂いていて感謝です。
動物病院も順調にお客様が増えているようで。
本当に良い先生なので、かかりつけの動物病院として自信をもってお勧めしますよ!!


さて、1年点検で多い指摘事項は建具の調整とクロスの隙間です。
春夏秋冬、1年過ぎると木材が収縮し、建具の建て付けが少し悪くなったり、クロスの入隅などに隙間が生じたりします。
1年点検でそのような不具合の出たところを無償で直します。 

今回の点検ではそのようなところの修正が主で大きな不具合等は特になかったので良かったです。



しかし、お庭に穴がポコポコ(驚)
これは想定外、モグラの仕業でした・・・。
切妻のフラットハウス 基礎工事
切妻のフラットハウスの基礎工事。


鉄筋配筋。
地盤はそれほど良くなかったので、平屋にしてはかなり強固な基礎にしてあります。
ベタ基礎といっても、その強さは設計によって大きく違うのでご注意下さい。
※基礎梁の形状、厚さ、根入れ深さ、鉄筋の配筋方法、ピッチ、径、コンクリート強度、スランプ・・・・etc


コンクリート打設。天候にも恵まれました。


切妻のフラットハウス 地鎮祭

切妻のフラットハウス 地鎮祭。

あいにくの雨でしたが、地鎮祭が始まると小雨になり助かりました。

そういえば、地鎮祭の鍬入れの儀式は
全国的には設計者→施主→施工者の順番が一般的ですが、
鹿屋では施主→設計者→施工者の順番が多いですね。
地域によって違うのでしょう。

相変わらず「えいえいえい」の掛け声が苦手です(笑)
切妻のフラットハウス





新しく着工する住宅です。


切妻瓦屋根の平屋住宅です。
リビング、ダイニング、和室と繋げれば30帖の大空間になり、リビングから和室とダイニングとそれぞれ収納可能な引戸で仕切ることが可能です。
内部は畳を中心とした落ち着いた雰囲気で、ダウンライトや間接照明による演出。
ガレージからアクセスできるシューズクロークなど使いやすい収納も多数配置。
外観は切妻のシンプルなフォルムにウッドデッキ上部の吹抜が特徴的なデザイン。
東西に長い敷地を最大限利用した、平屋の優しい雰囲気の住宅です。


「切妻のフラットハウス」
鹿屋市吾平町
木造平屋建
住宅床面積:123.61屐37.4坪)
屋根付駐車場面積:34.78屐10.5坪)

施工会社:田中産業株式会社
竣工予定:2010年8月
CUBOID HOUSE 竣工
CUBOID HOUSE 竣工しました。
完成見学会へのご来場有難うございました。






GRAPH HOUSE 竣工
GRAPH HOUSE 竣工しました。
完成見学会へのご来場有難うございました。



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.