坪単価の詐欺 | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
坪単価の詐欺
さて、今回は坪単価のお話し。毒吐きま〜す(笑)


坪単価という非常に曖昧な基準についてご存知でしょうか?

安い坪単価で有名なハウスメーカーは、タマホームやレオハウスなどですね。
両社とも坪単価25.8万円ということを売りにしています。レオハウスはタマホームから分離したようなもので同じなのでしょう。
他にもアイフルホームやユニバーサルホームなどが安い坪単価で有名かな。

さて、本当に坪単価25.8万円で家が建つのか?
答えはもちろんNO!!

「地盤調査(調査結果により地盤補強工事費が発生する場合があります)、門塀工事、屋外電気配線工事、屋外給排水工事、下水道接続工事、雨水排水工事、その他諸費用等は含まれていません。」

と小さ〜く下に書いてあるのはご存知ですよね。
つまり、この坪単価258,000円では住めないのです。
この坪単価に含まれない工事費は必ず必要なものであり、何百万円という価格になります。
私的にはですね、施主さんさえ我慢すればこの坪単価で家を建てれますという最低のグレードでの話しなら一応納得します。
しかしですね、実際には最低のグレードでもこんだけ別途費用が必要であり、そんな坪単価では家を建てれないわけです。恐らく、ただの1軒も坪単価25.8万円という価格だけだったという住宅は無いはずです。


はっきり言って、これは立派な虚偽・誇大広告ではないのかと・・・。

テレビコマーシャルで堂々と宣伝している坪単価の数字は一体何なのか!?

結局は坪単価50万円越えも珍しくないらしいです。元の倍じゃないの(苦笑)


以前、日経ホームビルダーの特集でタマホームの玉木社長ははっきりとこう言っています。

「1棟あたり40坪で、建築費が1600万円。これがうちの平均です。」

じゃあ、最初からそう広告に書きなさいって。
怒りすら覚える社長の発言です。

とりあえず有名なタマホームさんを引き合いに出してしまいましたが、このようなことはローコストハウスメーカーでは一般的なことらしいです。
本気で同じ表記を当社でもしようと考えたこともあります。そうしたら、確実に激安坪単価を提示できるでしょう。でもそんな「吊り広告」なんてねぇ・・・。



正直言って、他社さんの悪口を書くのは好きじゃありません。悪口言った分だけ自分にも返ってくるでしょうし。※ちなみに宣伝方法の批判であって、住宅自体は批判してません、あしからず・・・。

しかしですね、こと住宅価格に関して大手メーカーがこのような詐欺まがいの広告をし続けていいのか!?と思うのです。
私的には、もっと透明性の高い業界を目指すべきだと思うのです。

何故、いつまでも野放し状態なのでしょう?実際に家づくりを経験している方は誰もがそう感じるはずです。
しかし、マスコミは動かないでしょう。CMスポンサー様ですし。
それよりも、立派な不当表示や誇大広告に当たると思うのに、何の対策や行動を起こさない行政にしっかりしてもらいたいですね。



そして、坪単価表示の統一基準をつくってほしい!

最近は坪単価の基準が「施工床面積」で書かれていることが多いと思います。
施工床面積とは通常の延べ床面積にバルコニー、ポーチ、テラス、吹抜け、外構階段などを足した面積です。
例えば1500万円で延べ床面積32坪。施工床面積40坪の住宅。
延べ床面積で考えた時の坪単価は46.8万円なのに対し、
施工床面積で考えた時の坪単価は37.5万円。
なんと約10万円も施工床面積で考えた方が安くなるというからくり。
同じ1500万円の住宅なのに。

さらに、施工床面積もどこまでが施工床面積なのかという基準はありません。会社によっては土間コンクリートがあるところや植栽までも入れるところもあるでしょう。そうなると「見かけの坪単価」はどんどん下がるのです。
逆にちゃんと述べ床面積を基準として坪単価を表記している会社もあるでしょう。

坪単価という指標がいかにあてにならないかわかってもらえたでしょうか?
当社もしょうがなく坪単価表記はしてますけどね(笑)


結論

「住宅は坪単価ではなく、総工費で考えるべし。」
コメント
from: ぎんさん   2009/01/05 4:26 PM
ためになります。
from: : Yasufumi Kawabata   2009/01/05 11:15 PM
コメント有難う御座います。

建築価格の不透明さはどうにかしないといけないです・・。
from: nekotiti   2009/01/27 5:01 PM
坪単価については、本当に詐欺みたいな事が多く行われていますね。
住友林業や東日本ハウスなど大手でも平気な顔して遣っています。
実際、僕も家を建てるときには考えさせられました・・・。

from: Yasufumi Kawabata   2009/02/01 12:03 AM
コメント有難う御座います。

これは行政の方で厳しく指導しないと解決しないのではないかと思います。大手メーカーでさえこのような表記をしているわけですから、各メーカーにとっては正直者が馬鹿を見る状況なのでしょう。それでも、正直者が現れて欲しいものですが・・・。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/869654
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.