エコの結論 | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
エコの結論
さてさて、「エコ」シリーズもここまで。

実際のところ、「エコ」というのは人から強制されてやるものではないし、私が設計でお客様にエコを強要することはありません。第一私自身が決してエコな人間とは言えないのに、人に押し付けるなんておこがましい。
まあ、ソーラーシステムにしても、要はハイブリッドカーに乗ることと一緒だと思います。別に売り手に勧められて買うものじゃなく、自分の意思で買うもの。どちらも200万を超える大金ですから。

結局、「エコな設計とは」で主な私の方針を書きましたが、要は

・光熱費のかからない家。
・長く住み続けていける(いこうと思える)家。

この2点が最も重要なことで、そのためにどうしたらいいかを追求していくことが大事だと思っています。そして、それは設計者に大きな責任があることで、施主さんが意識してやらなければいけないことでもありません。環境に悪い家なんて問題外です(例えば、全面ガラス張りでエアコンをガンガンかけないと住めない家など)。普通に家を建てて、普通に環境に優しい家。それが理想です。

また、本当にエコにとことん拘って家づくりをしたい方には、その要望に似合った家づくりの方法があります。事前にお申し出下さい。少し工事費が上がると思いますが、大手メーカーが掲げるCO2を減らせる家よりも、安く効率よくエコな住宅を実現できる自信はありますよ(笑)



エコと言っても様々な意見が飛び交い、何が正しいのかわからなくなることがあります。そんな、エコがとっつきにくいものと考えている方にお勧めの本のご紹介。

身近なことでエコを考える。


太陽光発電の入門編。(※金儲けの本じゃないです)
コメント
from: joni〜   2008/06/09 9:49 PM
いや〜 エコ いろんな考えがありますね〜

やりますよ〜 これから 

一緒にいかかが?
from: Yasufumi Kawabata   2008/06/10 9:37 AM
おお、ジョニーさん。

まあ、自分自身は決してエコ人間ではないのですけれどね。

新たなイベント?
面白そうなことは飛びつきますよ〜(笑)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/828486
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.