エコな設計とは | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
エコな設計とは

では、今、設計者として私が出来ることはなんでしょう?
家づくりを考えている方が出来うるエコとはなんでしょう?

(ちなみに私はエコな人間かと言われれば決してそうではないと思います。
別にこまめに電気は消さないし、車で出掛けるの好きだし。もっとエコな人間になるよう頑張ります・・・。)

仕事に関しては出来るだけエコに貢献したいとは思っています。
何より住宅をつくるということは、そこから何十年先まで環境に付加を与えるものをつくるということ。我々建築関係者は環境に対して大きな責任があると思うのです。


今、設計者として私が出来ることといえば・・・

断熱の良い家づくり
通風、採光の良い家づくり
機械設備に頼らない家づくり

以上3つは全てリンクすることですね。そして一番重要なことです。
簡単なようですが、デザインや間取り、断熱仕様など様々な要素が絡む、実は結構難しいことです。
夏はエアコン無しで寝れるとか、冬は太陽が降り注ぎ暖かいとか、昼間は明るく照明が要らないとか、まあそんな当たり前のことです。

他には・・・

・木造ならば、外国産の構造材や集成材を避け、国内産の杉材等(鹿屋であれば鹿児島産や宮崎産)を使用する。国内産の杉材を使おう!

なるべく自然素材を使う。石油製品を避ける。

「必要とされていない建物」をつくらない。(←建築業界の大罪)


また、せっかくつくるのであれば、大事に住み続けていける住まいをつくる。メンテナンスしながらでも「ずっと住んでいきたいと思える住宅」をつくっていくことが一番のエコかもしれません。
具体的には2世代60年以上。それは親子で引き継げること、または30年住んでから貸家や売家としての財産価値があることです。60年という数値は短く感じるかもしれませんが、現実問題として日本の平均住宅寿命は30年に至っていないのです。
(※私自身、200年住宅ビジョンのコンセプト自体は賛成なのですが、200年という数値はちょっと現実離れしている感が否めません。また別な機会に書きます・・・)

リフォームやリノベーション、コンバージョンを積極的に勧めることも大事だと思います。



以上、何の変哲も無い、当たり前のことばかりですいません。
しかしながら、この当たり前のことが出来ていないのが現実だと思うのです。



ところで、エコの家づくりの代表格「ソーラーシステム」はどうでしょう?

それについては次回。



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
住まいブログ 住宅設計・建築家へ


コメント
from: -   2008/05/30 11:53 PM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/823106
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.