畳部屋のススメ | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
畳部屋のススメ

3月に入りました。不動産会社としては一番忙しい月です。3月中は無休で営業予定です。

この時期のお部屋探しのコツについては、去年「お部屋探しの注意点」に書きましたのでこちらをご覧下さい。賃貸物件をお探しの際は必ずエンジニアリング開発の物件を見ないと損しますよ〜!


さて、今回は畳部屋のススメ

古い賃貸物件になると畳の部屋が多いですよね。私自身は実家の自分の部屋は昔から畳だったこともあり、畳部屋の方が落ち着ちついて好きです。
しかし、畳を嫌がる方がいます。いまや畳部屋が良いというような方は非常に少なくなりました。そのニーズに答えて、畳部屋をフローリングに変える場合もあります。


しかしながら、本当は畳の方がフローリングよりも優れている点が多々あるのです!畳部屋の利点を挙げてみます。。。

調湿性。
畳は呼吸します。
マンションのような吸湿性能の低い材料ばかりの空間においては、畳の存在は非常に貴重なのです。

断熱性。
フローリングの冷たい床に比べて、素足でも全然冷たくありません。
表面の足ざわりと畳自体の断熱性能が良いからです。

そのまま寝れる。
敷布団で寝るときは畳部屋が良いですね。
何も敷かなくてもゴロンとそのまま横になれるのも畳の利点。赤ちゃんのオシメ替えにも便利。

防音性。
畳は音を吸収します。特に子供さんがいらっしゃる家庭においては、下階の人に迷惑をかけないためにも畳部屋をお勧めします。フローリングを歩く音は下階に伝わりやすいですが、畳はそれほど伝わりません。

落ち着く。
やっぱり日本人は畳が落ち着くと思います。DNAですかね?畳の香りにはリラックス効果もあるらしいです。


さて、逆に畳を嫌がる方の代表的な理由として・・・

家具を置けない?
これに関しては、気にしないで下さい。
当社は部屋の入れ替え時には全ての畳の張替えをします。家具の跡が付いたから別途補修費を頂くというようなことはありません。日焼けのムラについても同様です。

張替え費用がかかる?
これはある意味その通りですが、敷金の中から清算されますので別途張替え費用がかかるというわけではありません。ただし、同じ敷金2ヶ月ならフローリングの部屋より敷金の返還額は少なくなります。まあ、最近ではフローリング部屋の場合は敷金ではなく返還しない礼金を採用する場合が多いので、そうなると畳部屋だから損をするということは無くなくなってきています。
そして、畳部屋の賃貸物件を決める際に注意することは、畳の張替え有無と敷金の関係です。ほとんどの不動産会社では敷金より畳と襖の張替えを行います。一方、敷金0などの安い物件になると、畳の張替えが行われていない場合があるので注意が必要です。当社の場合では、畳と襖は原則全て張替えます。賃料が安い場合には、敷金2ヶ月分近くの張替え費用がかかるので、畳部屋の場合は敷金の返還額は小額です。そのため、畳部屋の場合は敷金=礼金くらいのつもりでいた方がいいかもしれません。逆に敷金が無くて礼金だけの場合などは、畳の交換費用は別途取られないかなどの確認をしましょう。

雰囲気が悪い?
これは工夫によりどうにでもなります。さすがにシンプルモダンやスタイリッシュなインテリアは畳に合わすのは難しいと思いますが、北欧系のインテリアは案外合います。カリモク等にも和室に合うインテリアはたくさんありますね。むしろ畳の雰囲気をうまく活かしてコーディネートしましょう。

注意したいのは、畳の呼吸を妨げないことです。
分厚いカーペットを全面に敷いて、かつ換気をあまりしない生活を続ければ畳は激しく痛みます。ラグなどは全面に敷かないで必要な部分のみ敷くようにして、極力畳の呼吸を妨げないようにしましょう。
万が一、畳にカビが生えた際には薬用アルコールなどで拭き取ってしまえば問題ありません。換気を良くして畳の吸湿性能を超える湿気を部屋に溜め込みすぎないことが重要です。



不動産会社としての意見としては、畳部屋を敬遠される方は非常に多いですが、逆に家賃が安めでお徳な部屋がたくさんあるので、もったいないと思ってしまいます。もう一度、畳部屋を嫌がる理由を見直してはどうでしょうか?


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
住まいブログ 住宅設計・建築家へ

コメント
from: コナツパパ   2008/03/07 11:41 AM
釣り仲間の畳屋さん社長宅でさえ畳部屋を作るのを躊躇したというくらいですからね〜(笑)今の住宅事情に畳部屋は難しいようです。広い家だと一部屋くらい・・・と言う気になるかもしれませんがね。それしても室長から「子供のおしめ」が出てくるとは・・・(笑)
from: Yasufumi Kawabata   2008/03/09 9:43 AM
新築の場合は客間用に1部屋つくるだけがほとんどだねぇ。コスト的にも畳はフローリングに比べて高額ですし。

個人的にはマンションの場合こそ、畳がお勧めと思ってますよ!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/767107
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.