当社の木造断熱設計標準 | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
当社の木造断熱設計標準

長々と断熱のコラムが続きましたがようやく終わりです(笑)

では、結論として私の勝手な木造の断熱設計理論!
鹿児島での断熱を考慮しての考えです。
もちろんお客様の考えや要望により他の方法を採用する場合もあります。

壁の断熱仕様・・・

基本はグラスウール(100mm16Kまたは100mm10K)による充填断熱。

柱や壁の躯体を内装に見せたい場合や施工業者が外張り断熱に慣れていてコスト増も小さい場合は外張り断熱。

コスト増でも断熱性能を追求する場合にはセルロースファイバーによる充填断熱。



一応、その他の箇所の断熱仕様・・・

1階床の断熱は基礎断熱ではなく床下断熱の方が良いと思います。
一般的に基礎断熱の方がワンランク上の断熱方法とされていますが、床下断熱の方が足元が冷たくありません。全館暖房や床下暖房等を採用する場合には基礎断熱は非常に有効ですが、鹿児島においては稀だと思うので、基礎に熱容量を奪われるより、床部分で断熱してしまった方が暖房の立ち上がりも早いと思います。


そして、屋根においては寒さより暑さの対策が必要です。屋根の断熱は構造やデザインにより適した工法が違うので、効率の良い方法を選択します。特に平屋の場合は屋根面積も多くなるので、屋根の断熱は壁以上に重要です。

屋根面までの吹き抜けを設けたり小屋裏を使用する場合には、通気層を設けた充填断熱か外断熱にするのがいいでしょう。通気層を設ける場合には壁の通気層からの空気もうまく流すことが重要です。
天井面で断熱する場合には壁の倍程度のグラスウールを敷き込み、小屋裏換気をしっかりと確保します。


何も特別なことはありません。
だけれども、省エネの時代、断熱設計は非常に重要です。
今、ここに書いたことがベストというわけではなく、コストパフォーマンスに優れた断熱設計を追及していくことが大事だと思います。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
住まいブログ 住宅設計・建築家へ


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/747062
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/02/11 2:13 PM
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.