外張り断熱 | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
外張り断熱
それでは外張り断熱について。

まず、最初に言いたいことは鉄筋コンクリート造の「外断熱」と木造の「外張り断熱」とは全然違います。鉄筋コンクリート造においての外断熱は理想の断熱方法だと思いますが、木造においては必ずしも理想ではありません。コンクリート外断熱は蓄熱体である構造体を外気から守るのと、熱収縮によるひび割れを防ぐという大きな利点があるからです。だから、木造の場合は外断熱とは言わず外張り断熱と言うのが本当です。


では、外張り断熱のメリット・デメリットをあげると・・・
※一般的なプラスチック系断熱材を使用する場合

外張り断熱の利点

・熱橋が少ない。
・内部結露を防げる。
・断熱気密施工が楽で安定した施工品質を得やすい。
・柱や壁の構造体を現しにするデザインにできる。
・木部の調湿性能が得やすい。
・壁内の配線・配管が楽。


外張り断熱の欠点

・充填断熱よりコストがかかる。
・壁厚が厚くなる。
・火災に弱い。
・施工に慣れていない職人が多い。
・外壁材に制限がある。 
・複雑なデザインには向いていない。


利点にある「熱橋が少ない」というのは、充填断熱というのは柱と柱の間に充填していくため、柱の部分は断熱がされていないのでそこが熱橋(断熱性能の弱い部分)となるのですが、外張り断熱の場合はすっぽりと断熱材で包み込むことができるわけです。※ただし木自体に断熱性能があるので完全な熱橋にはなりません。

一般的には外張り断熱を推奨している会社はそれだけでも建物の品質に気をつけていると思うので、施工的欠陥が比較的少ないと思います。内部結露や夏場の逆転結露も充填断熱に比べると簡単に防げます。


ただし、鹿児島において外張り断熱の相性は気になる点があります。
それは、外壁の強度です。鹿児島は台風という災害があります。外張り断熱は一般的に断熱材の上から外壁の受け材を長いビスで留めます。そのビスがかなり長いために台風などの強風を受け続けると心配だと思うのです。まあ、通常は外断熱用の強度の高いビスを使用するので振動を受け続けない限り大丈夫だとは思うのですが・・・。

私が外張り断熱を使用する場合は、柱や壁の躯体を内装に見せたい場合施工業者が外張り断熱に慣れていてコスト増も小さい場合などに採用します。
それ以外では外張り断熱にするメリットはそれほど無いと思っています。

ちなみにサイディングで断熱材が裏打ちされているものがありますが、通常その後ろには通気層があるので、それを使っているから外張り断熱とは言えません。あしからず。。。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/742721
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.