住宅の照明計画 | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
住宅の照明計画

今回は住宅の照明計画の基本を。


照明には大きく分けると蛍光灯と白熱灯があります。(それくらい知ってますね、失礼・・・。)

蛍光灯は寿命が長く、電気代も安くすみます。また、均一な光量を得ることができます。※メインで使う蛍光灯はチラツキが少ないインバーター式がお勧め。
弱点は器具代が少し高くつくのと、暖かみが乏しいところなどです。

白熱灯は暖かみがあり、落ち着きを与えます。料理も美味しく見えるとのこと。
弱点は寿命が短く、電気代がかかる、まぶしいなどです。


どちらが住宅に合っているかというと、人間工学的には、白熱灯の光が良いようです。住まいはくつろぐ場所ですから、暖かみがあり陰影がある光の方がいいです。
また、蛍光灯にも昼光色や昼白色、電球色とありますが、蛍光灯でも電球色を採用すれば白熱灯と同じように落ち着く雰囲気になります。

白い光の蛍光色は職場などのオフィスワークに向いているので、蛍光色の空間は落ち着かず住宅にはあまり向いていません。何か理由が無い限りは白熱灯もしくは蛍光灯の電球色を主体とした照明計画が良いでしょう。


ダウンライトにも蛍光灯(パルックボールなど)が使えるタイプがあります。
ダウンライトの場合は蛍光灯と白熱灯はそれぞれ一長一短ありますね。

基本的には寿命の長い蛍光灯の電球色タイプがいいとは思うのですが、器具代が高くつくのと、点灯直後は暗い、ダウンライトが大きくて少し見た目が悪いという欠点もあります。

一方、白熱灯タイプのダウンライトには様々な種類があります。ハロゲン電球など1個で2000円を超えるものもありますので、基本的にはミニクリプトン球のタイプが住宅には良いでしょう。
金額は高くなりますが、ダウンライトに調光器をつけることによって、空間の明るさを自由にコントロールできるとともに、電球自体の寿命を長くすることもできます。


ところで、デザインにこだわる設計者ほど照明に演出性を重視するので、暗めの空間になることがあります。実際にそこで施主と設計者の意思疎通がうまくいっていなかったために、完成後に照明の増設工事をしなければならなくなった事例も聞いたことがあります。よくあるパターンがリビングをダウンライトだけとか、間接照明だけで終わらせる場合です。見た目は非常にかっこいいのですがダウンライトや間接照明だけでリビングに十分な照度を確保するには相当な照明の数がいるので、照度と電球代のことも考えたうえで採用することが重要です。

実は私もどちらかというと明るすぎる照明はあまり好きではありませんが、照明計画で暗いということは無いようにしています。それでもまぶしいくらいの照明が普通と思われている方もいらっしゃいます。そのため、ライティングダクトなどを設けて、暗い場合は簡単に付け加えることが出来るようにしています。明るさの感じ方は人それぞれで、打ち合わせでは完璧に理解し合うことは難しいですから。



照明計画で居住空間の雰囲気は大きく変わります。比例して照明計画で工事金額も大きく変わります。こだわれば幾らでもお金がかかってしまうのが照明ですから、どのあたりでうまくコストパフォーマンスに優れた照明計画にするかは設計者の力量に問われます。


結局、家に居る時間の大半は照明を使う夜間だと思いますので、照明計画で妥協しすぎないのも大事だと思います。新築の住宅で引っ掛けシーリングだけ付けといて終りは寂しいですよ。


PS
電球に関連して地球温暖化対策の政府案が気になるところですが、それは次回また書きます。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/703256
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.