家づくりの期間と設計料について | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
家づくりの期間と設計料について


「東西に長い焼杉の家」のオープンハウスは大盛況のうちに終わることが出来ました。

市街地から離れたわかり難い場所にも関わらず、多数のご来場を頂きました。ご来場して頂いた方々、誠に有難う御座います。また見学会にご協力して頂いた建て主様に感謝いたします。


さて、見学会の際によく家づくりの流れと設計料のことを聞かれました。
簡単にご説明したいと思います。

木造2階建ての場合でおおざっぱに書くと、

基本計画に2ヶ月。※お客様次第で大きく変わります。

実施設計、確認申請、見積もりに3ヶ月

工事に4ヶ月

というわけで、最初にお話しを頂いてから9ヶ月程かかります。いろいろと考えられる方は1年かかる場合もあります。設計事務所との家づくりは時間がかかることをご理解下さい。


どのような感じで打ち合わせをしていくかというと・・・

まずは最初のお打ち合わせ前にお渡しするヒアリングシートにいろいろと必要項目を書いてきて頂きます。ヒアリングシートにて、洗面所はこんな設備が欲しいとか子供部屋はこのような使い方をしたいとか、様々な質問項目に答えて頂きます。そしてそのヒアリングシートを基に最初の打ち合わせでお客様の希望をさらに細かく聞いていきます。お客様にはその他、好きな建物の写真とか好きな家具など、お客様が好むものがわかる資料も見せていただきます。お客様にお願いしているのは、無理難題でもいいので希望を残らず伝えてくださいということです。

プランニングのお時間としては、その時の忙しさにもよりますが、3週間〜1ヶ月程度頂いています。

そして次の打ち合わせで、そのご要望をかなえた計画を最初にご提示致します。必要に応じて立面図やパースなどでイメージもお伝えします。私としてはこの最初のプレゼンが一番緊張します(笑)

この計画を基に、お客様からまた様々なご要望が出ますので、さらに次の打ち合わせではさらにその要望を取り入れた計画案を提示します

あとはお客様が納得するまで打ち合わせを重ねます。お客様によってはほとんど最初の計画案で決まる場合もありますし、何回も修正を繰り返す場合もあります。家づくりにおいて計画に妥協しないことは一番重要なことです。

そして計画案が決まった段階で初めて設計契約を結んで頂きます。このとき初めて設計料が一部発生しますので、逆に言えば計画案の決まらない段階では1銭も頂きません。また、私と感性が合わなければ計画の段階でやめることも可能です。

設計契約を結んだ段階で私は実施設計図面を書いていきます。計画段階での図面は簡単なプラン図面ですので、見積もりと工事ができる詳細な図面を書いていくわけです(確認申請も同時平行)。また、実施設計の途中でも設備の仕様など細かいことをについて打ち合わせをして頂きます。そしてその図面が完成してから施工会社に見積もりしてもらい、金額が折り合ったら工事契約をして着工となります。


また、土地探しからの場合は、私の方で探してもお客様自身で探されても構いません。その候補地でどのような建物が建つか簡単に考えることもできますので、それを基に土地探しの参考にして下さい。


さて、設計料について。

一般的な木造住宅の設計料はとりあえず「床面積(屐法15,000円」とお考え下さい。これを高いと思われる方も安いと思われる方もいらっしゃると思います。しかし、決して高くないということは家が建てればわかっていただけると思います。

自分で言うのもなんですが、相談しやすい設計者だと思うので、お気軽にお問い合わせ下さい(笑)
まあ、灰にならない程度に頑張ります(笑)
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/694658
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.