国内産の杉材を使おう! | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
国内産の杉材を使おう!


「東西に長い焼杉の家」外壁の焼杉をほぼ貼り終えました。イメージ通りの外壁に仕上がって安心しています。本物の杉はいいですねぇ。サイディングとはまた違う味わいがあります。そういえば、この家は構造体もほぼ杉ですので、住宅全体が杉の家ですね。もちろん国内産(確か宮崎県産)です。



余談ですが、国内産の杉は余っています。ご存知ですか?

日本の杉は植林からのシステムが確立しているので、自然を壊すことなく利用し続けることが出来るのです。国産材のみで自給自足も可能であるというデーターもあります。意外と知られていませんが。

ところが、安いからといって輸入木材を使い続け、他国の自然破壊を引き起こしているのがここ日本です。日本は自給自足も可能であるというのに、世界最大の木材輸入国なのです。熱帯雨林の森林伐採と地球温暖化は日本にも大きな責任があると言えるでしょう。

このままでは国内の林業は衰退し、森林の保全不備に繋がる可能性もあります。間伐をしなければ森は枯れてしまい、がけ崩れの起り易い森になります。輸入木材に頼ることは、他国の自然破壊ばかりか自国の自然破壊まで呼び起こすという、悪循環も考えられるのです。


というわけで、国産の木材を使用することは、地球全体の環境保全に繋がります。また、地場産業の活性化のためにも国産の杉材を積極的に使用しましょう!※南九州は杉材の豊富な地域です。


↓国産材利用についてもっと詳しいことが知りたい方は

日本木材総合情報センター 木net

林野庁 国産材、使って減らそうCO2


※ただ、構造上、集成材を使用しなければならない場合もあります。国産の集成材はまだ高価で使用しづらいので、国産の杉集成材が使いやすいものになることを願います。。。

コメント
from: yutakarlson   2007/10/19 12:07 PM
はじめまして。ピザテンフォーのyutakarlsonです。国産の杉材余っていること初めて知りました。先ほどは、ある方のブログを見ていて、北海道上ノ国町の天然ブナ林の伐採が取りやめになった話を見ました。マスコミ報道と違って、ブログを読むと為になる情報、知らない情報が入ってきてありがたいです。
ところで、ピザテンフォーでは紙のピザボックスそのものを、なくす運動を展開中です。詳しくは、私のブログをご覧になってください。
ピザテンフォー全店で、紙のピザボックスをなくしたとすると、年間500トン以上のCO2削減効果があります。そのほか、随分前から全店にジェットタオルを備えて紙タオルを使わないようにしています。
from: Yasufumi Kawabata   2007/10/20 11:17 AM
コメント有難う御座います。

素晴らしい活動ですね。エコはひとりひとりの行動が大事ですからね。頑張ってください!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/669345
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.