多様化する映像メディア | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
多様化する映像メディア
私事ですが、自分の部屋のテレビが壊れまして、先日某電気屋さんに見に行きました。今のテレビは21型のブラウン管テレビでかれこれ12年は使っております。もちろん、ワイドではありません。よく頑張った、有難う!

ご存知の通り、ワイドテレビの選び方によると、同じ画面の高さを維持するにはひとまわり大きなサイズを買わなきゃならない。

さて、21型の場合は・・・26型か・・・価格は・・・「おおおぅ、高い!」

一番安いものでも10万円近くします。23型でも8万はする。売っているのはデジタル放送対応の液晶やプラズマのテレビばかり。。。
やっぱり中古品のブラウン管を探してこよう、ワイドって太って見えるから嫌いだし。。。2011年地上アナログ放送停止までまだあるし。。。



さて、10月1日より鹿屋市でもデジタル放送が開始となりました。基本的にはアンテナはUHF(今のチャンネルで13〜62ch)で兼用できます。もちろん、あとはデジタル放送対応テレビ。上記のようにまだまだ高額ですが。


ところで、住宅を設計するうえで、メディア及びインターネット設備を理解しておくことは必要不可欠です。今回開始された地上デジタルテレビ放送の他にも、例えば、インターネットにおけるGyaOやYahoo! 動画、110°CS放送のe2 by スカパー!、ケーブルテレビの映画配信サービスなどなど、いまや映像メディアの楽しみ方は多様化しています。全部利用したことがあるわけではないので、詳しくはわかりません!正直言って、私より施主様の方が詳しい場合も多々あります(笑)


住宅の計画段階では、以下のような項目について施主様の要望を確認しておかなければなりません。すべて配線と設備が必要なことです。


・テレビアンテナ
  VHFアンテナは必要か(デジタル放送のみ視聴するなら不要)

・BS、CS放送
  CSは110度CSデジタル放送(e2 by スカパー!等)のみで良いか。
  ※スカパー!とe2 by スカパー!の違い

・インターネット設備
  光ファイバー、ADSL。また、家庭内LANを組み込むか。

・電話線
  携帯電話のみを使用する場合やIP電話を使用する場合などで不要の時もある。


その他、鹿屋市にはありませんがCATVサービス地域の場合ケーブルテレビは必要であるか、遠隔操作サービスを導入したホームセキュリティシステムを組み込むか、有線放送は必要かなども上記の事項に関わってきます。都会においては光インターネット接続サービスもNTTのBフレッツだけではなく、USENBBIQなど様々な引き込み方があります。


家は数十年住み続けるもの。10年後のメディア環境はどうなっているのでしょうか?出来る限り、対応力のある住まいにしたいものです。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/664153
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.