大先輩に対して「無職」? | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
大先輩に対して「無職」?
ニュースでみる。

山田太郎さん(72)無職が今夜、千代田区において・・・・。

・・・・

なぜ、ご老人に対して「無職」と表記する必要があるのか?
職業ってそんなに重要なもの?


確かに、不動産で賃貸物件を借りるときに重要視されるのはやはり「職業」です。連帯保証人の「職業」も重要視されます。

しかしね、そりゃあしょうがないんです。家賃を払える能力があるかは、とりあえず職業で判断するしかありません。


でも、事件や事故を起こした人の職業なんて対して意味ないと思うんです。事件を起こして「無職」や「フリーター」と書いてあるだけで、事件を起こした人のイメージが悪くなるのは否めない。

現代は転職社会です。私だって転職をしてきたし、無職であった期間もあります。有能な方ほど転職をすることもありますし、バリバリ活動はしてるけどあえて定職についていない方もいる。そのような時代背景の中で、どんな小さな事件でも、必ず名前と職業をセットで報道するのはどんなものかと思います。被害者の人の職業まで表記するでしょう?隠すことはないですが、必ず表記する必要は無いと思うんですけどねぇ。


せめて、定年退職されたご老人に対して「無職」と余計なことを表記するのは辞めて欲しいと強く思います。

ご老人に対しては、職についていれば表記すればいいけど、普通に定年を迎えている方に対しては何も表記しないか、他の呼び方を考えて欲しいと思います。大先輩の方々に対して、「無職」と呼ぶのは失礼極まりないと思うのは私だけでしょうか?


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・建築家へ
住まいブログ 住宅設計・建築家へ

コメント
from: コナツパパ   2008/03/30 11:42 AM
仰る通り。どこぞの証券会社社員が何が起こしてもタダの「会社員」表記。しかし何故か建築絡みの人が何か起こすと「配管工」「塗装工」「とび職」などと表記されますよね〜。同じ会社員に違いないだろうに・・・。ホントマスコミの操作にはムカつきます。
from: Yasufumi Kawabata   2008/03/31 12:08 PM
そういえば、建築業ってそうですねぇ。会社員でいいのに!
マスコミにガイドラインってあるのかな?
from:   2008/04/12 11:35 PM
無職も、元会社員とか元学生とかありますね。

犯行時は公務員でも、報道時に退職してれば無職か元公務員。

家事手伝いは職業なのか?とか元OLって、性転換でもしたのか?と疑問に思います。
from: Yasufumi Kawabata   2008/04/14 10:09 AM
確かに!

誰がどういう判断で決めてるんですかねぇ?

いっそのこと履歴書ように過去の職歴すべて書くとか・・・(笑)
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/646956
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.