建築探訪シリーズ2 「バルセロナパビリオン」 | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
建築探訪シリーズ2 「バルセロナパビリオン」
水平を強調した外観

建築探訪シリーズ2
バルセロナパビリオン
(ミース・ファン・デル・ローエ記念館/Fundacion Mies Van der Rohe)

設計者:ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe)
用途:バルセロナ万国博覧会のドイツ館(現在はミースの記念館)
住所:スペインバルセロナAv. Marquès de Comillas, S/N, 08038 Barcelona
ホームページ:http://www.miesbcn.com/


建築探訪シリーズ第二弾はいきなり海外!
建築界三大巨匠である「ル・コルビジェ」「フランク・ロイド・ライト」そして「ミース・ファン・デル・ローエ」。そのミースの代表作であるバルセロナパビリオンです!

なんと今から約80年前の建物!凄すぎます。このプロポーションの完成度の高さ。ディテールの繊細さ。いまだに世界中の設計者に影響を与える建築史の偉大なる作品のひとつです。※ただし再建されてます。
ステンレスで十字に組んだ柱、ガラスや石材の使い方、軽やかな屋根の表現と水面の対比など「less is more」の空間構成は絶妙なバランスによって成り立っています。

現在に通じるスチールデザイン
シンプルかつ大胆な空間構成

そしてこれが有名な名作バルセロナチェア
まさにこの建物のためにデザインされたものです。シンプルなフレームの建築にシンプルなフレームのチェア。同じく約80年前のデザイン。脱帽です。
本来の場所にあるバルセロナチェアー(オットマン)

建物内にはミュージアムショップのようなお店もあります。欲しいものがあったのですが、JCBカードが使えなかったので断念(涙)。ヨーロッパはVISAでなければと海外旅行初心者の私は痛感したのでした・・・。
ところでこの建物、観光スポットとしてはか〜な〜りマイナーです。掲載すらしていないガイドブックや地図も多数あります。ツアーに組み込まれていることはまずありませんので。

統括
「近代建築プロポーションの原点ここにあり」
無駄なものを削ぎ落とし、あるべき近代建築の姿を追求した美しいフォルム。80年前に実現していたこのプロポーションと素材の使い方のセンスにはただただ脱帽です。※全体の外観は写真撮ってなかったので公式ホームページをご覧下さい・・・。
しかし、さすがに万博の終わった今、飾り物の建築として佇む姿は寂しく感じてしまいました。
コメント
from: NO STYLE   2007/01/20 4:38 PM
昨日はついでを頼んでしまってすいませんでした。

意外ですが、鹿児島市立美術館の玄関横には、バルセロナチェアーのオットマンが6〜8脚ベンチのように並んでいます。
使い込まれていい感じになってますよ。
行く度に、これをコソっと持ち出すにはどうしたらいいかを考えます。

遅くなりましたが、リンクをさせていただきました。
from: Yasufumi Kawabata   2007/01/20 4:54 PM
いえいえお安い御用です。ちゃんと宇都さんに届けておきましたので。

へぇ〜、鹿児島市立美術館に行ってみたくなりました。しかし、犯罪者になっては駄目ですよ上村さん(笑)
from: チエ   2007/01/22 10:30 PM

市立美術館でバルセロナチェアー見たことあります。
けっこう良いものだったんですね。知りませんでした。
私も今度行ったときによく見てみよう。

鹿児島市内、私の男らしい運転でよければ案内しますよ(笑

あっ、それと『型枠の建て込み』勉強になりましたー。
だいぶ打ちっ放し通になった気分です。
from: Yasufumi Kawabata   2007/01/23 10:15 AM
まだまだ鹿児島市内は未開拓なのでお世話なります(笑)。

マニアックな工事現場解説シリーズをちゃんと読んで頂いたんですね。有難う御座います!
from: チエ   2007/01/23 8:34 PM
ちゃんと、家の近所でちょうど打設現場があったので
ピーコンをはずして、埋める前のセパレーターが
見えてる状態も観察しましたよー(笑


from: Yasufumi Kawabata   2007/01/24 10:24 AM
あえて埋めずにセパレーターのネジを利用して洋服掛けを付けることもあります。ラクパハウスの室内はそのようにしてますね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/456161
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/01/20 4:41 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/01/20 8:18 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/01/21 12:21 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/01/21 1:15 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/03/10 4:35 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/03/26 7:40 PM
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.