鹿屋市再開発ビル | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
鹿屋市再開発ビル
鹿屋市ホームページより

工事が進みだいぶ姿が見え始めました、再開発ビル
この建物が鹿屋市にとってどのような存在になるのでしょうか。

鹿屋市にはみんなが集まる場所というものがありません。要するに鹿屋の中心地がありません。なぜ、現在のような状況になってしまったかは、鹿屋市役所があんなところに移転したことが原因と思っている鹿屋市民がほとんどでしょう。鹿屋市役所が無くなってからの北田・本町の商店街の衰退は明らかで、都市計画に失敗したことは間違いありません。コア的建物を無視し、人動線を無視し、交通施設を取り込めないという、とても議論された都市計画とはいえないものでした(いかん、怒りがこみあげてきた・・・)。
そして、かつての都市計画の失敗を取り戻そうとしているのがこの再開発ビルです。この建物は鹿屋市の中心地としてのシンボルになってくれるのでしょうか?昔のような商店街はよみがえるのでしょうか?

しかし、私のまわりではあまり期待していない人の方が多い状況ではあります。正直、私も昔の活気を完全に取り戻すのは無理だと思いますが、それでも中心地たる施設になってくれることを願いたいものです。私個人的には結構期待しています。あとは、どんな店舗が入るのか?結局はソフトがどうなのかにかかってると思うんですよね。決定しているマックスバリューが入るのはいいとして、その他の店舗に集客力があるのか?噂では家賃が高すぎてなかなか決まっていないとのことですが、心配な反面、やっぱり楽しみでもあります。どこにでもある店舗ではなく、オリジナリティー溢れる店舗に出店してほしいですね、鹿屋市外からもお客さんが来てくれるような・・・。もちろん、映画館や学習プラザなどの施設にも期待したいと思います。公共的ソフトの相乗効果も絶対に必要です。

建築的に見ると、ちょっとオーバースペックな気はしますが、自分が想像していたよりも大胆な設計の建築になるようです。ホームページに載っている内容しか知りませんが。まあ、少なくとも鹿屋には今までなかったような雰囲気の建物となるのは間違いないと思います。うまく鹿屋市民に受け入れてもらえるといいんですが・・・。

ともかく、鹿屋市の発展の鍵を握っています、鹿屋市再開発ビル。
再開発が砕開発にならないように願いたいですね。(最低なオチ)
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/390027
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.