災害への備え | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

NEW ENTRIES
PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
災害への備え

こちらのコラムへ超久しぶりの投稿です。

さて、豪雨災害が凄いことになっております。
熱帯化が進んでいるのでしょうか。この災害は人事とは思わないようにしなければいけませんね。

以前もこのコラムで書きましたが、正直、建築現場では様々な場面で、メーカーが定める施工要領を守らずに施工してしまっているケースは多々あります。
よく、職人さんは「今までこのやり方で問題があったことはないから大丈夫」と言われます。
しかしながら、今後、今まで経験していない地震や100年に一度の豪雨や突風に見舞われる可能性はあるのです。極端な話し、福島の原発問題も同じことです。想定外ではなく、想定していないことが悪いのです。

だからといって、無駄に補強しすぎてもお金がかかるだけです。重要なのは、「当たり前のやり方で当たり前の施工」をすることだと思います。お客さんにとっては一生の一度の超高額商品です。施工要領通りの当たり前の施工がされていて当然という意識は、未だに建築現場ではまだ薄いと実感しています。
当社では着工前に施工担当者の皆さんに、「異常気象により今まであったこともないような強風や大雨にも耐えられる建築を目指し、今までこれで大丈夫だったからという考えではなく、ひとつひとつの作業を丁寧に確実な施工をお願いいたします」とお願いを必ずしています。たったそれだけですが、意外に効果があるような気がしています(笑)


さて、災害に関連しまして、全国の自治体で防災マップ(ハザードマップ)というのを発表しているのをご存知でしょうか?意外に知らない方多いんですよね。
このマップは川の氾濫しやすい地域、土砂災害の起こりやすい地域、避難場所などが記載されています。当社も建物を計画するときには必ずチェックします。

もちろん鹿屋市も防災マップを製作しています。

こちらの鹿屋市のホームページより、地区ごとにダウンロード可能です。


ちなみに、昨日氾濫して大変なことになった熊本市の白川流域。
こちらで防災マップをみることができますが、なんと予想浸水が5m以上という地域も!
実際にこのマップを見ると、今回の氾濫は想定外ではなく、想定内であることがよくわかります。重要なのは常日頃の備えだなぁと実感します。

ほとんどの自治体で防災マップは発表しているはずですので、自分の住んでいるところや働いているところを必ずチェックしておきましょう!
→鹿児島市防災マップ

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/1045645
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2012/07/13 4:18 PM
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.