切妻のフラットハウス 基礎工事 | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
切妻のフラットハウス 基礎工事
切妻のフラットハウスの基礎工事。


鉄筋配筋。
地盤はそれほど良くなかったので、平屋にしてはかなり強固な基礎にしてあります。
ベタ基礎といっても、その強さは設計によって大きく違うのでご注意下さい。
※基礎梁の形状、厚さ、根入れ深さ、鉄筋の配筋方法、ピッチ、径、コンクリート強度、スランプ・・・・etc


コンクリート打設。天候にも恵まれました。


コメント
from: かんく   2010/05/19 6:26 PM
先日はお世話になりました。
こちらの住宅も興味深いです。
基礎を強固にすると、
その分コストも上がってしまうのでしょうか?
from: yasufumi kawabata   2010/05/19 7:53 PM
こちらこそありがとうございました!

もちろん、基礎を強固にすればコストは若干上がります。
ただ強固にしすぎても意味がないです。
地盤の強度、建物の構造、予算などに応じてバランスの良い設計を心がけています。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.plus-d-p.com/trackback/1045619
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.