ディテール通シリーズ | 住まい・建築・デザインに関するコラム
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 

 +D設計室プロジェクトノート

  〜現在工事中、計画中の建築レポート〜

PROFILE

 プラスディー設計室の室長(代表)。

 エンジニアリング開発の専務。

 住まい、建築、デザインに関して
 鹿児島県、鹿屋市、設計事務所、
 家づくり、建築家、不動産、資産運用
 デザイナーズマンション、インテリア
 などについて偉そ〜に語っている
 コラム(ブログ)です。


 
 


     

  シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC

 竣工写真を撮るならこのレンズが一番。
 CANON、NIKON、SONY、PENTAX対応。

     

  リコー GX200

 建築+写真好きには理想のコンデジ。
 広角24mmからのズーム!
 
ディテール通シリーズ1 「ピポットヒンジとコンシールド」
シリーズ第二弾は「ディテール通シリーズ」です!
建築家の設計した建物は細かい部分までデザインがされています。その建築家のこだわりとかすっきり見せるコツなど、建築家ならではディテール(detail:細かい納まり)について紹介していきます。


ピポットヒンジを使用したドア。※右手前のドアは丁番を使用。

ディテール通シリーズ1 
ピポットヒンジとコンシールド

扉のディテールに関するこだわりです。扉をシンプルに見せたい、扉を壁と同化させたい時などに使用する金物です。

「ピポットヒンジ」
通常、開きドアは扉の横の2箇所から3箇所程度の丁番(蝶番)によって支えられ、開閉を制御しています。
一方、ピポットヒンジは扉の上端と下端に取付け、上下軸を支点に開閉を制御します。そのため、正面に目立つ丁番が無くなり、扉がすっきり見えます。主に玄関扉などのスチールドアによく使われますが、木製扉にも使用される場合もあります。
また、ピポットヒンジは丁番に比べ耐重性に優れているため、丁番では支えられない重いドアにも使用可能です。

「コンシールド」
扉内蔵型ドアクローザのことです。こちらのサイトにわかりやすく説明されています。
通常、玄関扉などにはドアクローザという四角いボックスを扉の上部につけ、扉が自動で閉まるように制御しています。しかし、このコンシールドを使用することにより、ドアクローザが扉に内蔵されて見えなくなるので、すっきり見えます。

建築家の傾向として、「枠を消す」「線を通す」などがあるのですが、これらの金物を使用するディテールもその一環と言えます。
知らないと意外に気づかないと思いますが、「何かすっきり見える」と感じるときはこのようなディテールの工夫がされているのです。
もちろん、建築家の建物全部に使用されているわけではなく、コストが少し上がるなど一長一短はあるので、時と場合により様々なディテールを使い分けています。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.